アクセスカウンタ

<<  2010年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


めもおふ

2010/07/29 02:24
メモリーズ ハイオフ!!


ごめん、ゆってみただけ。


118を18から行ってT18→S14→Bとか、
134のワンチャンをB→B→D17とか、
105をT19から行こうとしてT16にキャッチし、2本目をT19に入れたとか、
156をT20→ビットでT5とか、
最近はそんな感じです。
記事へトラックバック / コメント


【実録】けーね先生のパーフェクトアレンジ教室(最終話)

2010/07/25 23:16
第1話  第2話 第3話 


ハウストーナメントも大詰め。
(サイドシュートではあるが)優勝のかかった一戦、上白沢慧音・チルノペアは01取ってクリケ取られて3レグ目の01、コークをとった慧音であったがしかし、相手の八雲藍・橙ペアに削りでおくれを取ってしまい、橙が90点台まで削ってきた時、慧音・チルノペアはまだ247残りであった。

上白沢慧音「ハットで97残りでは相手にプレッシャーをかけられない。歴史は動かせない。2本入ったらここは…」

ブル、ブル、

「ちゅちゅちゅん」

3本目を見事T19に叩きこみ、157のハイトンで90残しにする。

八雲藍、上がれない数字ではないと思われたが、やはりプレッシャーがあったのか、1本目2本目と外して上がり目をなくし、3本目はブルに行ったがそれも外れて66残。

藍「ちぇぇぇぇんごめぇぇぇぇぇ゛ん」



チルノにワンチャンスが回ってきた。



90なのでB→D20(S20→S20)が基本。D20(S20→S20)→Bもあってよさそうだが、ブルに自信があり20に2本連続で入れる自信のないチルノである。迷わずブルに行った。

だがしかし、ダーツはやや大きく外れたS14へ。76残りとなった。


その時チルノの頭脳が、公式の画面説明図上で「H」と番号を振られて「9.バカ」と書かれたはずのチルノの頭脳が、覚醒した。


チ「B→D13?いや、なんかブルに入る気がしない、T20→S16?T20外したら上がり目ないじゃん、19×4(T19→S19、S19→T19)?今日の状態だと横に外しそう、そうなったら上がり目ない、横に外してもチャンス残るのはあたいの一番得意なT16しかない、S16→T20でも今日は20を取れているから!!


この間1秒足らず。
そしてリズムを失うことなく、集中を失うことなく、2本目をとって、投げる。


自信と覚悟を持って投げた矢は、T16に入った。
そのまま軽く上体を起こし、3本目。

チルノには、矢がはっきりとラインを描いて飛んでいくのが見えた。
そのラインは間違いなくD14に続いていた。

だが、やはり最後の1本だからなのか、やや置きに行ったか、的の手前でわずかではあるがラインを外れ、下に落ちて行った。

チ「(あっ・・・だめーーー!!)」


最後に着地したのは、




D14とD11の境界の、



3ビット上のD14だった。





チ「あたいさいきょー!!




け「チルノちゃん」



チ「せんせい、あたい、やった!」



け「チルノちゃん、どう?アレンジって楽しいでしょ?



アレンジ幻想郷へようこそ






チ「せんせい、そんなことより池袋東武屋上ビアガーデン『炎のプルコギ伝説』行きたい!」







♪ててっててっててっててってーてっ
てってってっててん♪




そんなわけで7/19武士姫ハウトは見事「お山の大将」(武士姫ハウトは予選ラウンドロビン上位がウィナーサイド、下位がルーザーサイドからのダブルイリミとなる。ルーザーサイド1回戦負けの4チームで「お山の大将」トーナメントをサイドシュート的に行うのです)の座を獲得して終わったのでした。


ええ、「自称さいきょーチルノにこそ『お山の大将』の称号はふさわしい!」と気合入りましたよww





その後、池袋東武に移動し、



画像


この方は山の中身が野菜だと知って落ち込むのですが。


『東武萃夢想』と化した物語の中で、




チルノは…水蒸気となって天に昇っていきました!?



記事へトラックバック 0 / コメント 2


【実録】けーね先生のパーフェクトアレンジ教室 第3話

2010/07/22 03:14
第1話  第2話


さて、チルノは上白沢慧音に連れられて(≒拉致されて)「FiGARO永遠亭」(設置マシン:D-1 3台+個室(座敷)にGALAXY II 1台)にやってきました。


上白沢慧音せんせい「この間言った69からのアレンジなんだけど、」
チルノ「うん、15からだよね」

T15→D12(S12→S12)
S15→T18(S18→D18 or S4→B)

け「私は19から行くわ」
チ「え!?(けーね先生が15って言ったんでしょ!?けーね先生ってうそつき!?)」
け「ただしトリプル狙い。シングルに落ちたらブルって考えね」

T19→S12
S19→B

因幡てゐ(幻想郷USAGIプレイヤー)「えー、マジー?オープンアウトならブルからでしょー?」

B→S19

八意永琳せんせい「てゐ、ブルを取れれば楽だけど、ブルを外したらどうするの?49から68まで、どの数字が残るか分からないのよ」
て「その辺の数字は頭にアレンジ入っているから大丈夫」
え「あと、いざブルに入っちゃうと意外と緊張するものよ。この間、ブルの後の19をトリプルに突っ込んで・・・」
て「う・・・」
え「私はT11ってのもあると思う」

T11→D18
S11→S18→D20

え「外すなら14ね、S8だと61残りで2本持ち、シングルでトップが打てなくなる」
け「えーりんさん、それ完全にハードの考え方ですよ。それにハードの中でも結構マニアックなアレンジかも」


チ「あ、あの・・・
結局あたいはどこを打てばいいの・・・?


け「そう、それがこの間の『そういうことじゃない』なのよ」
チ「へ?」

け「今みんなが言っていたアレンジは全部アレンジとして成り立っている。アレンジは一つじゃないのよ」
チ「だから自分に合ったアレンジを見つけなさいってこと?」
え「それもあるし、アレンジのバリエーションを持っておいて、相手の状況や、自分のその時の調子を考え、今最も有効で上がれる可能性の高いアレンジを選択することで、勝つ確率を上げられるのよ」
け「例えばブルが合っていて決められると思ったらS19から行けばいいし、相手が今にも上がりそうだから3本目までトライできるように打ちたかったり、今日は横ずれが激しくてそもそもS19を取れないと思ったら15に行けばいい、って感じかな」

チ「・・・」

え「まずはいろいろ考えて、いろいろな人のアレンジを見て、自分でも試してみるのがいいんじゃないかしら」

チ「はい」

え「ところで、チルノちゃん、74はどこから行く?」
チ「ブルからD12!」
け「チルノちゃんらしいといえばチルノちゃんらしい答えね。74もね・・・いろいろ・・・うふふ・・・これは宿題ね」


え「ちなみにけーねは、満月の夜とそれ以外でアレンジ変わるの?」
け「?」
え「だって、満月の夜はコンディション変わるじゃないの。角が生えたりしっぽが生えたり
け「きっ・・・キモくないもん!かわいいもん!」(汗)




そんな感じで7/9はLOOPでこってり絞られたみたいです。


ちなみに74は、

・B→D12(S12→S12) ※とりあえず60越えてればブルから、はあり。
・D12(S12→S12)→B ※マスターアウトで3本持ちの場合、1本目をD12の内側スパイダーを打ってブルにアレンジするのが最も確実。
・T14→D16(S16→S16)、S14→T20(S20→D20) ※後者のパターンで、2本持ちの60残になった場合、20に自信のない自分はT15(→S15)-T10(→D15)-S15(→T15)-S10(→B)で確実に上がり目を出しに行った方がいいと思います。S10→Bが本線かな。
・T18→S20、S18→ (S16→D20) or (D20→S16、S20→D18) or (S6→B) ※S18だった場合(2本持ち56残)にどうするかは事前に決めておきたい。あとS1は避けたい。1本目がS4(2本持ち70残) or T4(2本持ち62残)ならさっさとブルアレンジ(前者S20、後者S12)して勝負でしょう。
・T20→S14、S20→T18(S18→D18、S4→B) ※20に自信があれば使える。自分は・・・残念ながら使えない。

といったところでしょうか。

ブルに合っていればブルまたはD12から、ブルは合っていなくて20が取れていればT20から、横ずれが激しかったら14からという感じでしょうか。T14→D16が決まったら気持ちいいだろうなといつも思っているのですが。
記事へトラックバック / コメント


7/11 No,9行徳マンスリーハウト

2010/07/18 09:56
新グッズを入手し、気合い全開で入り、



ロビン1抜けからの準決勝敗退。



最後は完全に息切れというか体力負けです…




って、
あのLa'malama以来、必ず5位タイ以上には入っているのですが、最後の敗因が



体力負け

or

アレンジミス





とはいえ今日のHASHISEN.TVもロビンから全開モードで行かないと抜けられないレベルですからね…。でも9darts.tvにこの3ヶ月で入手したアイテムを公開したいなあ、とかw
記事へトラックバック / コメント


【実録】けーね先生のパーフェクトアレンジ教室 第2話

2010/07/11 13:35
上白沢慧音せんせい「チルノちゃん、今日も惜しかったわね」
チルノ「あー、あの69、1本目S19で2本目のブルを決めてればー!それがよりによってビット外しでS6ってどういうことよ!」
け「チルノちゃん、これで分かったと思うけど、2本目のブルトライは3本目で上がれなくなるリスクがあるのよ
チ「でもほかにやり方なんてない!」
け「あるのよ、T15狙い」

T15→D12(S12→S12)
S15だと54残り

チ「54って、ブルより小さいじゃない!上がるのたいへんじゃない!なんでそんな数字のこすの!?」
け「確かに、『2本目で』上がるのはブルより大変。でもね、2本目をS1に入れなければ3本目も上がり目がある。なんなら、チルノちゃんはブルもD18も得意なんだから、T18を狙わずS18とS4の境界を打ったっていいのよ。そうすれば、確実に3本目までトライできる。間違ってT18入ったらラッキー♪くらいの気持ちで打つ感じね」
チ「うー・・・」

け「つい忘れてしまうことだけど、2本目で上がっても3本目で上がっても結果はまったく変わらないのよ」※PhoenixやD-1のスタッツは変わるけど
チ「!(がーん)」
け「だから、3本目までしっかりトライ出来るように打つことが大事なのよ」
チ「!!(ががーん)」
け「これは永遠亭の庭の池のアヒルが言っていたんだけどね。
まあアヒルは置いといて、

残り2本のとき、

48残り→T16狙いでS7以外なら上がり目あり
51残り→T17狙いでS2以外なら上がり目あり
54残り→T18狙いでS1以外なら上がり目あり
57残り→T19狙いでよほど大はずししない限り上がり目あり


となるわよね。

1本目トリプルを狙ってシングルに入った時や、隣り合うシングルのどちらに入ってもこの数字が残るように狙う手はあると思う。
特にチルノちゃんはT19得意だし、外して残る数字も48、54、38、36、50と得意な数字ばかりだから、57残しは使えるんじゃない?
逆に17は安定してないから51残しは使いにくいかな」

チ「こないだのアレのこと?」
け「そうじゃないけど、チルノちゃん、いつも『17への入れ方がわかんない』って言ってるじゃないの」
チ「せんせい…そんなことよりビッグボーイ加平店のサラダバーたべたい!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


け「チルノちゃん、サラダおいしい?」
チ「うん!せんせい、今度から69残りはT15からいきます!」
け「そうじゃないのよ、チルノちゃん。そういうことじゃないのよ
チ「!!?」



そんなわけで7/3セガワールド青井ハウトは終わったのでした。




・・・だって今けーね先生は69をT15からって言ったわよね?チルノの目が渦巻きになりつつまさかの第3話へ!
記事へトラックバック / コメント


6/27 第7回AGEハウストーナメント

2010/07/09 00:19
画像
ついに…







初タイトル!







第7回AGEハウストーナメント 選抜ソーメン早食い競争優勝!






淡々と食べ続けられるのが自分の持ち味。
自分を信じ、自分が最も多く食べられる方法を考え、
口の中をクリアにキープできるペースを保って、ラスト10秒で押し込む作戦が見事的中。
2分+延長3分はさすがに中盤ペースダウンしたが、ラスト1分で


「ゆゆ様!!」



最後まで頑張れたのは幽々子様のおかげ。
2位と11g差で勝利。






自分を信じ、自分にできるプレイで、いかにして勝利に近づけるか。






ダーツはベスト8で力尽きました…
記事へトラックバック / コメント


7月の標語

2010/07/04 23:52
思い立ったが












Revolution!!














以上。
記事へトラックバック / コメント


6/26 第44回JB's BARハウト

2010/07/04 00:41
画像
四谷GARAGEのしずかさんとペア。


噛み合って良いダーツ出来たんですが、最後は自分の集中が持たず、精度を欠きあえなくダブルイリミの5位タイでピチューン。



もっと先に行ける感じでしたけどね…





全体のテンションは悪くないけどもう一ギア出せた気がします。
最初から最後まで全く自分のダーツが出来ず、というシーンは確実に少なくなってますから、続けていけばどこかで何かをつかめるでしょうか。
記事へトラックバック / コメント


PKを外す人は

2010/07/01 02:04
PKを蹴る勇気のある人だ byR.バッジオ。


しかし


ブルを外す人はブルを打つ勇気のある人…



…とは限らないw


なぜなら、勇気の有無に関わらず、ブルを打たなければならないシーンがある(むしろ多い)からw



これが言えるのは、
例えば5/5のUSAGI・ROOMハウトの敗者復活ダブルスハーフイットで

「ブルなら大丈夫です!だからファースト行かせてください!」※ブルは9ラウンド目なのでファーストが打つ

と志願して最後ブル外して敗れた場合とか



昨年の第3回LittlePSXハウトの決勝で、

ブルに行ってもよさそうな61から堂々S11でブルアレンジして

上がれず敗れた場合とか。ですね。


しかし後者は5に外したあとの「確実にS15→D15で3本目勝負」アレンジが非常にスムーズ。それだけ集中してコンディションも良かったんでしょう。



そんなLittlePSXハウトが今年も来ます。
今年は7月と8月に予選を行い、それぞれを勝ち上がったプレイヤーが9月の決勝大会に進むというシステムだそうで。


この予選…


間違いなく自分史上最も純粋に「勝ち」だけを求める戦いになるでしょう。
記事へトラックバック / コメント


<<  2010年7月のブログ記事  >> 

トップへ

しましまぁ.のEnjoy Darts Life 2010年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる